矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。

 



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:18 8 2019

特定の食材だけを食べ続ける
「単品減量」という方法がありますが、
これは良い効果が現れない上に、
身体の調子も崩してしまいがちです。

ちょっと前に、
「りんご減量」って流行りましたよね。

この減量方法は、
りんごと水以外は一切口にしてはいけないという
かなりきつい減量です。

ボクの友人は、
がんばって三週間続けたそうですが、
確かに体重は減りましたが、見た目はガリガリで美しくなく、
常に空腹の状態で体力がすっかり落ちてしまったそうです。

そしてりんご減量をやめた後は、
結局すぐにリバウンドしてしまい、
体調がものすごく悪くなってしまったそうです。
元の健康な身体に戻るまで、とても苦労したようですよ。

他にも、
ゆで卵減量やグレープフルーツ減量、
パイナップル減量など
有名な単品減量がありますが…

これらの減量方法は、
極端に摂取するカロリーが減少しますので、
体重を短期間で減らすことはできるものの…

ひたすら同じ食材ばかりを食べるということで、
栄養が偏ってしまい体調を崩してしまいます。

摂取するカロリーがあまりに少ないので、
身体が軽い飢餓状態だと認識して、
十分なエネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

そして、
減量をやめて普通の食生活に戻ったとたんに
リバウンドを起こしてしまいます。

このような「単品減量」は
できれば行なわないほうがいいと思います。

規則正しい生活をして、
バランスの良い食事を摂り、
適度な体操をして減量することが
一番いい方法だと思います。



レーシック手術相談所@ レーシック手術相談所A レーシック手術相談所B レーシック手術相談所C