レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

 





免許合宿についてのサイト
免許合宿はここ
URL:http://www.menkyo-designer.com/


レーシックの前には適性検査ブログ:15 8 2019

皆さん、グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

最近
「骨盤矯正減量」という言葉をよく耳にしますよね。

骨盤矯正減量は、
近年、脚光を浴びている減量法ですが、
なぜ骨盤を矯正すると、減量に効果的なんでしょうか?

とりわけ産後の時期には、
骨盤矯正減量が最適なんだそうです。

産後は骨盤が開いてしまいゆるんでいる状態です。
骨盤の歪みも生じやすいですが、
その反面では、効果的に骨盤矯正ができる時期とも言われています。

産後は骨盤が一時的に開いた状態です。
骨盤が出産前の状態に戻らないと、
開いた骨盤の中に腸などの内蔵が入り込んで、
これが原因で下腹部が出たり、
尻が大きくなってしまう事があります。

妊娠中に弱くなった腹筋を強化したりする為にも、
産後はコルセットやニッパーなど、
リセットプロポーションベルトを着用する事も
からだの負担を減らしますから、
からだを出産前の状態に近づけるのでオススメです。

産後に骨盤矯正をしないでそのまま放っておいてしまうと、
骨盤がきちんと元に戻らず、開いたままになってしまい、
その結果、骨盤が歪んでしまうことがあります。

開いた骨盤をキチンと元の状態に戻す事により、
産後の体型の戻りも早くなり、
減量にも効果的なんです。

妊娠する前から骨盤が歪んでいる人も多いので、
出産を機会に骨盤矯正する事で、
妊娠する前より美しいからだのラインになれる可能性もありますよ。

しかし産後は、からだが普通の状態ではないので、無理は絶対に禁物です。
少しずつ軽いストレッチをしたりしながら、
骨盤矯正をして、からだの歪みを改善するように心がけると良いでしょう。

じゃんじゃん

レーシック手術相談所@ レーシック手術相談所A レーシック手術相談所B レーシック手術相談所C